4つの特長

通学プログラミングコース

通学プログラミングコースは、創造力を育む“4つのPの原則”の考えを導入しています。IT業界で活躍できる人材を目指すために、自らがプロジェクトを立ち上げ、課題を解決しながら作品を完成させ、人前で発表する主体的なプログラマーの育成を目指しています。

Projects -プロジェクト-

作りたいものを
自ら企画し創る

“何を創るか”から自分で考え企画します。通学プログラミングコースは、まさにゼロからイチを生み出す力をもった、主体的なプログラマーの育成を目指しています。プログラミング初心者は基礎から学習。プログラミングが得意な人は自分の技術で作りたいものを創ります。コーチは生徒一人ひとりが作りたいもの創れるように、最適なアドバイスを行います。

(写真)生徒が制作した電子ペーパーを用いた“電子書籍リーダー”。ブレッドボードを使った試作から3Dプリンタを使った筐体の作成まで行いました。

Passion -情熱-

現役のエンジニアによる
圧倒的なサポート

プログラミング学習には、スキルを持ったコーチとTA(ティーチング・アシスタント)が必要不可欠です。通学プログラミングコースのコーチは、現役のエンジニア。コーチは技術的な指導の他、エンジニアリングに関する心構え、インターンシップや進学・就職活動で必要となるポートフォリオ・履歴書添削などを行います。

  • 一人ひとりのスキルに沿った学習指導
  • 疑問点、不明点をすぐに質問することが可能
  • 最新のプログラミング業界の流れを伝える
  • 各プログラミング大会への指導や引率
  • 資格取得のための勉強法や情報を伝える
  • 採用者の目線で行う進路サポート

Peers -仲間-

LT大会・成果発表会
仲間と共有

通学プログラミングコースは代々木キャンパスと江坂キャンパスで開講されており、生徒は専用の教室で、集中してプログラミングを学んでいます。LT大会や成果発表会で、自分の取り組みをプレゼンテーション。他者とプロジェクトを共有して、意見を交換することで多くの気づきを得ることができます。

Play -遊び-

異なるスキルと
志向を持つ仲間と
遊びながら学ぶ

それぞれ異なる志向を持つ仲間との技術的な交流を通して、集中力を切らさず一日中学び続けることができます。仲間との交流から得られる学びは、授業などの学習では得られない、貴重な体験に基づいた深い学びとなります。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら