カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【N高マイプロジェクト】半年間の集大成に向けて

 

春から取り組みを始めたN高マイプロジェクト(自らプロジェクトを立ち上げて取り組む実践型学習)も、12月に行われる「最終プレゼン大会」まで、残すところあとわずかとなりました。

まずは、この半年間の取り組みを振り返ります。

7月。全国8キャンパスとネットコースで、N高マイプロジェクトを開始しました。

2018年度「N高マイプロジェクト」活動開始しました

 

8月。夏休み中の登校日にオンラインゼミを開催しました。

【N高マイプロジェクト】オンラインゼミでクラウドファンディングを学ぶ(前編)

 

【N高マイプロジェクト】オンラインゼミでクラウドファンディングを学ぶ(後編)

 

 

9月。昨年度アワード出場者からプレゼンのコツを教授していただきました。

【N高マイプロジェクト】中間プレゼン大会へ向け、先輩から学ぶ

 

10月。中間プレゼン大会のキャンパス予選とブロック大会が行われました。

【N高マイプロジェクト】中間プレゼン大会キャンパス予選がおこなわれました

 

【N高マイプロジェクト】2018年度中間プレゼン大会を開催しました

 

【N高マイプロジェクト】東京ブロック 中間プレゼン大会開催

 

振り返ってみると、毎月ゲストから様々な学びを得たり、キャンパスの先生方や仲間に相談しながら、日々プロジェクト実践を目指してきた半年間でした。

 

 

 

11月7日(水)に開催された月1回のオンラインゼミでは、「マイプロジェクトアワード2017 全国サミット」に出場した経験を持つ、心斎橋キャンパスの楠澤裕也さんが、本年度N高マイプロジェクト挑戦者の生徒たちに向けてプレゼンをしてくれました。

 

 

楠澤さんは、3つのポイントをお話ししてくれました。

 

①自分の中に北極星(ビジョン)を持っているか?

マイプロジェクトのビジョンや最終的に実現したいこと、つまり「なぜ自分はこれをやってみたいのか」、「実際にやってみてどうなりたいのか」という、核となる変わらない気持ちを持つことがマイプロジェクトの原動力となり、モチベーションの維持につながるということでした。

 

 

②家族と話そう!

マイプロジェクトを実践するにあたって、メンターの先生や家族など、支えてくれている人がいるのではないでしょうか。そういった身近にいる、支えてくれている人とのコミュニケーションを大事にすること、またそういった身近な人のつながりやコネクションを活用して、小さな一歩からアクションを踏み出すことが大切だということでした。

 

③どんどん攻めよう!

昨年楠澤さんは、中間プレゼン大会で優秀プロジェクトという成果をあげたものの、最終発表会ではN高代表から落選という結果に…。それでも諦めるどころか火がついた楠澤さんは、あの手この手でアクションを起こし、N高代表での枠以外からチャレンジできるエントリー方法を活用し、マイプロジェクトアワード関西大会に出場。

関西大会では学校部門で全国大会への出場権を獲得し、最終的には「マイプロジェクトアワード2017 全国サミット」へ出場しました。

最後に結果を出せたのは、①で話してくれた”自分たちの北極星”に向かって常に攻めの姿勢を持っていたから。

諦めず挑戦することの大切さを、実体験を踏まえて伝えてくれました。

 

この言葉を受け、今年のN高マイプロ生は最後の追い込みをかけていきます。

半年間の活動の集大成となる12月の最終プレゼン大会の様子は来月レポートします。

楽しみにしていてください。

※楠澤さんが出場した、マイプロジェクトアワード2017 関西大会、全国大会の様子もご覧ください。

N高生が全国大会出場 全国高校生マイプロジェクトアワード地域大会~関西大会当日レポート~

 

N高から3チームが全国の舞台へ「全国高校生マイプロジェクトアワード」(1日目)」

 

N高から3チームが全国の舞台へ「全国高校生マイプロジェクトアワード」(2日目)

 

N高から3チームが全国の舞台へ「全国高校生マイプロジェクトアワード」(3日目)

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2018/12/13

【職業体験】佐賀県武雄市図書館で図書館司書の仕事に触れる

N高全体
2018/12/11

【インターンシップ体験記 Vol.4】
「JRCエンジニアリング株式会社」にて現場を…

N高全体
2018/12/05

「異能(Inno)vation 2018 」プログラム授賞式に参加してきました
<P…